マンデラ南アフリカ共和国元大統領の死去に思う

投稿者: | 12/06/2013

マンデラ南アフリカ共和国元大統領の死去のニュースを2013年12月5日に目にした。

27年間の牢獄生活を送りながらも、信念を貫き、人種差別アパルトヘイトの撤廃を実現に導いた人物です。

変革を標榜する人物は多くの困難や迫害に遭遇するものです。

マンデラ南アフリカ共和国元大統領はその典型例です。

しかしながら、そういう人物がいてこそ、人類はよりよい方向に向かっていくことができるのだと思います。

マンデラ南アフリカ共和国元大統領の冥福をお祈り申し上げます。

また私はある人物のことを思いました。私が18歳の時に出会った真理を解き明かした文鮮明先生です。

この方も人類をよりよい方向に向かわせるために尽力され、一生の間に日本、現在の北朝鮮、韓国、そして米国で合わせて6度も投獄されました。今なお誤解されていることが多い人物です。

文鮮明先生の生涯が正しく評価される時が早く訪れることを思ってなりません。

関心のある方は文鮮明先生の自叙伝を一度読んでいただけると幸いです。

このリンクから PDF のファイルをダウンロードできます。

 

合わせてお読み下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です