米国でブログサイト立ち上げ

投稿者: | 12/05/2013

2013年12月にブログを始めることを思い立ち、本を読んだりして調べてみました。

大体の本で書かれていることは以下の点でした。米国在住の日本の方で自分のブログサイトを立ち上げようとしている方には参考にしていただけるのではと思います。

1) ドメイン取得

私の場合は既にドメインを取って、MS Frontpage で作ったウェブサイトを持っていましたので、それを活用することにしました。

HostGator Hosting2)レンタルサーバー(ホスティングサービス)業者選定

私が使っていたホスティングサービスではWordpressの自動インストール機能がありませんでした。

WordPressの自動インストール機能をもつ HostGator が米国の感謝祭後のブラックフライデー割引で3年間72ドルというプランを提供していたので、乗り換えることにしました。

ドメイン登録業者のネームサーバー設定を HostGator の指定した設定に変更し、既存のウェブページのデータを移動させることで引っ越し完了。

HostGator のホスティングサービス申請が完了すると以下のようなメールが送られてきます。

Mail from HostGator

HostGator Control Panel3)ホストサーバーの貸しスペースにWordpress をインストール

WordPress をインストールするには先ずHostGatorのコントロールパネルに行きます。アドレスは上記のメールに記されています。

メールに記されたユーザー名とパスワードでログインします。
すると以下のようなHostGatorのコントロールパネル画面が出てきます。
HostGatorが割り当てたパスワードを自分のパスワードに変更しておくといいと思います。

HostGator ControlPanelHostGator Control Panel

 

コントールパネルを下にスクロールすると赤丸のスマイリーフェイスのようなアイコンが見つかりますので、それをクリックします。

WordPressを選び、New Installationをクリックします。Wordpress管理者画面にアクセスするユーザー名とパスワードを設定します。Finish Installationをクリックして、インストールを完了するとWordpress管理者画面にアクセスするアドレスが表示されます。最後の画面は印刷するなり、メモするなりして保存しておくのがいいと思います。

HostGator Control PanelHostGator Control PanelHostGator Control PanelHostGator Control Panel

私の場合、Wordpress の管理者画面にたどり着くには、一日かかりました。

WordPress の管理者画面へのアクセスは www.example.com/wp-admin/ のような URL で行いますが、その URL を引越し先の場所に指定する DNS サーバー引っ越したという情報が反映されるのにしばらく時間がかかっていたようです。

最初は焦って、Wordpress をインストールし直したりしました。

米国のホスティングサービス業者ですから、Wordpress を自動インストールすると当然のことながら英語版 Wordpress がインストールされていました。

既にインストールしてしまった英語版のWordPressを後から日本語化するには

上記のサイトを参考にして、日本語化することができ、Wordpress って優れていると思いました。

4)Wordpressテーマ選択

私はシンプルなデザインの Iconic One を選択しました。

5)Wordpressプラグインインストール

本で勧められていた以下のプラグインをインストールしました。

– Askimet  オンラインサーバでコメントの内容をチェックするスパム対策サービス

– Google XML Sitemaps  サイトのページの情報を Google に提供する手段

– All-in-One SEO Pack  検索エンジンの検索結果に表示される内容を最適化できるツール

 

合わせてお読み下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です