聖書とお金-お金自体が悪ではなく金銭を愛することが悪

投稿者: | 03/14/2014

お金というと世俗的で宗教とは正反対のものという印象があります。しかし聖書はお金自体が悪ではなく、金銭を愛することが悪だと言っています。

テモテへの第一の手紙6:10
「金銭を愛することはすべての悪の根である。ある人々は欲張って金銭を求めたため、信仰から迷い出て、多くの苦痛をもって自分自身を刺しとおした。」

ヘブル人への手紙 13:5
「金銭を愛することをしないで、自分の持っているもので満足しなさい。主は、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」と言われた。」

お金を愛することによって自分自身を見失い、よく生きるための優先順位が失われてしまうことに問題があるのだと思います。

マタイの福音書 6:33
「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのもの(衣食住)はすべて与えられます。」

義、自らの信念や良心を捨ててまでお金を求めるような風潮が現代社会では見られます。

これらのもの(衣食住)はすべて与えられますと言っても何もしなくてもいいということではありません。

箴言10:4
「手を動かすことを怠る者は貧しくなり、勤め働く者の手は富を得る。」

箴言13:11
「急に得た財産は減るが、働いて集める者は、それを増す。」

義、自らの信念や良心に従い、勤勉であることを教えています。

自らの出費に関してはしっかりと管理することも教えています。

ルカの福音書 14:28
「あなたがたのうち、塔を建てようとするとき、造り上げるのに十分な費用があるかどうか、まず腰をすえて計算しない者がいるだろうか。」

借金はしないようにとも教えています。

箴言 22:7
「富める者は貧しき者を治め、借りる者は貸す人の奴隷となる。」

ローマ人への手紙 13:8
「互に愛し合うことの外は、何人にも借りがあってはならない。」

結論としては聖書はお金に振り回されず、正直、勤勉、自己節制でお金と接することを説いているのだと思います。

合わせてお読み下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です