業務用次世代光ディスク規格Archival Disc

投稿者: | 03/10/2014

ソニーとパナソニックが業務用次世代光ディスク規格Archival Disc(アーカイバル・ディスク)を策定したというニュースを目にしました。

ソニー報道資料

パナソニック プレスリリース

1ディスクあたりの記憶容量が300GBのシステムが早ければ2015年夏以降に登場し、その後1ディスクあたりの記憶容量を500GB、1TBに拡大していく計画だそうです。

増大し続けるデジタルデータの保存先の選択肢として光ディスクが生き残れるのか。
アーカイバル・ディスクの普及はその鍵を握っているように思われます。

合わせてお読み下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です